沖縄宮古島産・完熟マンゴー(アップルマンゴー・キーツマンゴー・玉文)を格安直販!ぜひ、贈答・加工品にお使い下さい。

土へのこだわり

マンゴーの木栄養源はやっぱり太陽の恵みを葉っぱから取り入れる事と、根から吸い上げる養分。
その養分が土に含まれる色んな栄養素なんです。
人間と一緒で鉄分が不足すると貧血状態にもなるし、栄養が偏り過ぎると酸っぱいみが出来たり、木だけが成長しすぎて花を咲かせない、いわゆるぶくぶく肥満になってしまいます。
へんとな農園ではこうした事を防ぐため定期的に土壌分析をして足りない栄養素をバランスよく肥料にして年に3回施肥しています。 その肥料は米ぬか、腐葉土、牛糞などを主成分として発酵菌にて一ヶ月以上熟成したものを使用しています。
発酵すると温度が55度以上上がり味噌の様な香りがしてきます。
あ、肥料をこねる水分として宮古島の海の潮から作られるにがりをたっぷりと混ぜてミネラルを豊富に含ませています。
  • 後、葉面散布用にもにがりを用いています。
    宮古島の黒糖と農園の周りにある薬草で作る自然発酵の液肥酢とにがりを混ぜたものに摘果したマンゴーを漬けたオーガニック農薬を開発中です。
    害虫撃退に色々試行錯誤中です。

    ほかにも甘くて美味しいマンゴーを作るための工夫や努力はたくさんあるのですが、独自に開発した農法(企業秘密)も多く、残念ながらホームページには掲載できないのです。
    ですが私たちは日夜、皆さまにより美味しいマンゴーをお届けするため精進しています。そのための努力は惜しみません。
    これからも是非、へんとな農園のパーントゥマンゴーにご期待ください。